新型ラパン 値引き目標と値引き最大化対策

ラパンを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

 

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

その理由は、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

新型ラパンはいい車で、価格も決して高くありませんが、同じ買うなら少しでも安く買いたいと思うのは当然です。

 

ここでは、そんな新型ラパンの値引き目標と値引き最大化対策に迫ってみましょう。

 

スポンサードリンク



新型ラパンの販売台数

 

新型ラパンの月間販売目標は4千台です。

 

この販売目標は普通高めに設定しますから、この数字をクリアするのはなかなか難しいと言われていますが、この数字を超えているかどうかが、値引きに影響してくるとされています。

 

新型ラパンの場合、販売台数は概ね3千台程度で4千台を超える月もあるようですから、まずまずの販売実績と言っていいのですが、月間販売目標は下回っていますから、値引き相場が極端に厳しいということはないのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク



新型ラパンの値引き

 

新型ラパンの値引きは発売当初は普通で3万円、相当頑張って5万円といったところでしたが、さすがにかなり値引きは緩んできていています。

 

現状の値引きは、普通では5万円くらいですが、頑張れば10万円越えも可能のようです。

ただ、10万円を超えると値引きはきつきなって、せいぜいプラス2~3万円が限度といったところでしょうか。

 

 

スポンサードリンク



オプション値引き

 

新型ラパンを安く買おうと思ったらオプション値引きも重要です。

 

メーカーオプションについてはなかなか値引きは厳しいのですが、ディーラーオプションなら定価の3割くらいの値引きは期待してもいいでしょう。

 

新型ラパンのアクセサリーカタログを見れば、モチーフのウサギを使ったアクセサリーがたくさんですから、この機会に安く手に入れる手もありますね。

 

 

新型ラパンの値引き最大化対策

 

《ライバル車との競合》

 

新型ラパンを買う時、「ラパンくださいな」なんてことしちゃダメですよ。

 

新型ラパンの値引き最大化を考えるなら、「欲しいのはラパンだけど、値段次第ではライバル車でも仕方がない」そんな作戦で臨みましょう。

 

新型ラパンは先代ラパンというよりラパンショコラのコンセプトを引き継いでいます。

 

そのラパンショコラのライバルといえばミラココアですから、絶好のライバルと言えます。

 

男性の場合はそうもいかないでしょうから、もう少し対象を広げると、ムーヴコンテ、N-BOX系などもライバルとして設定可能でしょう。

 

 

《ディーラー同士の競合》

 

これは、ライバル車との競合と同じ発想ですが、スズキのディーラー同士を競わせるという方法もあります。

 

というのも、トヨタなどと違い、スズキのディーラーは同一都道府県内に何社もありますから、どこでもラパンは買えるのです。

 

やるのは簡単、複数の(別会社の)ディーラーから見積りを取って、並行して交渉を進めればいいのです。

 

他社との交渉の状況を小出しにして、競合を煽ればいいのです。

 

 

《短期決戦で一気に勝負》

 

新型ラパンに限らず、あまりに長期にわたる交渉はいい作戦とは言えません。

 

あなたの相手をしている間に何台も車が売れる可能性がありますからね。

 

もちろん、見積りをもらってその日に勝負というのは論外ですが、条件次第では次回の交渉で決めることは匂わせてもいいでしょう。

 

次回交渉は印鑑持参、ディーラーが出してきた数字は度外視して、目標値引き額+アルファを吹っかけてみましょう。

 

印鑑をさりげなく見せながら「この金額なら即決」と畳みかけましょう。

 

一番大事なのは買わない勇気です。納得できなかったら直ちに撤退しましょう。

 

手間をとらせたお礼を言って席を立てばいいのです。

 

うまくすれば条件を見直してくる場合もありますが、あまり期待しないほうがいいでしょう。
新型ラパンは、新型にしては値引も緩めなので、値引交渉のし甲斐がある車です。

 

といっても、値引き最大化を図るにはそれなりの覚悟が必要です。

 

目標値引き額を設定し、強い意志で粘り強い交渉を進めてください。

 

しかし、新型ラパンの値引きが渋かったとしても諦める必要はありません。

 

もともと軽自動車の値引きが渋いのはわかっていることです。

 

これからご紹介する方法であれば値引き交渉の主導権を持ちつつ、支払う金額を最小にすることが出来ます

 

是非、一度ご覧になってみてください。

 

再現性が高い方法ですので、お友達にも教えてあげて下さい。

【ラパン】が限界値引きから更に55万円安くなる方法

lp-h-01


  • 「ラパンが欲しいな、でも予算が・・・」
  • 「最近の軽自動車は高くなったね・・・」
  • 「複数のディーラー回っての相見積もりも大変そう・・・」
  • 「そもそも交渉事は苦手だしな・・・」
  • 「でも、出来る限り安く買いたい・・・」

 

など、ラパンの購入を検討しているものの悩みは尽きない・・・

 

と悩んでいる方は多くいます。

 

出来れば楽して安く購入出来れば嬉しいですね。

 

かといって、車を安く購入する方法について家族や友達に相談したところで、「よくわからない」と答えられるか、

 

相見積もりを取れ」「決算時期を狙え」などありきたりのアドバイスばかりです。

 

交渉のプロであるディーラとの交渉が得意な人って、そんなに聞いたことないですし・・・

 

でも、同じ悩みを持った方にオススメの裏技がありますのでご紹介します。

 

ラパンを最安購入するカギは『愛車の売却先』!

いま現在、お車を保有されている方が新しい車を購入する時、
現在の愛車は売却することになるでしょう。

 

しかし、

ディーラーよりも無料一括査定サイトに登録している買取業者の方が高く買い取ってくれることが多いのをご存知ですか?

 

例えば、

ディーラー下取り査定が40万円だったものが、買取業者だと95万円の査定だったなんてことが珍しくありません。

 

 

なぜ、このような価格差

生まれたのか?

 

 

それは、

無料一括査定サイトを使うことで、最大で10社の大手買取業者が
あなたの愛車の買取価格をライバル社と競って査定してくれるからです。

 

結果的に、

買取業者間での競争原理が働き、買取価格が釣り上がるというわけです。

 

>>  目次ページに戻る